満足度100%
配送番号検索
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
安心の個人輸入

目覚めの良い朝の為に正しい睡眠

いつもライフパートナーをご利用いただきありがとうございます。

もうすぐ暖かい季節がやってきますね。
春は一年を通して過ごしやすい季節ですが、春の夜は短くついつい寝過ごしてしまう事も多くなってしまいます。
お花見のシーズンで羽目を外してしまい、次の日寝坊・・・なんて失敗したことがあるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

実は春は睡眠に深く関係する季節で、日中どうしても眠くなってしまうのです。
寒い季節から暖かい季節になると、交感神経が活発になり昼間などの活動量が増加しやすくなります。
その結果疲れやすくなったり昼間に眠くなってしまうのです。
他にも環境が大きく変わったりすることが多い季節ですので、体と心がついていけずに夜の寝つきに影響してしまいます。

仕事や生活において日々の睡眠は大事なもので、前日どれだけ良い睡眠をとれたかで一日の生活が決まります。
快眠

よく休日に寝だめをしたりする人がいますが、実際のところ寝だめをしても中々スッキリとは目覚められないと思います。
睡眠には同じペースが必要で、平均して同じ睡眠時間を取ることが大事です。
しかし寝ようと思って寝れるのであればとっくに寝ていますよね。
睡眠をコントロールできるのであれば、不眠症などは存在しないはずです。
では正しい睡眠をキープするために皆様どのようなケアを行っているのでしょうか?
一番大事なのは体も頭も使う事です。
体や頭を使うことで、心身ともに疲れさせる必要があるのです。
他にも、寝る前にはテレビやスマホなどを見ない事や、お風呂などに入ってリラックスさせる必要があります。
アルコールも大量に飲むと逆に興奮してしまい眠れなくなってしまう事もあるので、寝る前の飲酒は量を注意しましょう。
それでもどうしても寝れないという方は当サイトには睡眠のケア商品などもご用意していますのでご覧になってみてください。

不眠症にも様々な症状がありますが、もし寝つきが悪い場合は短時間型の睡眠薬などもございます。
アモバンゾビクロバンは薬の作用も早く、抜けやすくなっております。
次の日に残る心配があまりないので、中々寝付きにくいという方が多く利用しています。

春になると自律神経が乱れてしまい、体の不調を訴える人も多くなります。
寝不足は美容にも健康にデメリットしかございません。
睡眠がしっかりとれることで自律神経のバランスもとれるようになったりホルモンの分泌もよくなるので心も体も健康になります。


最後までお読みいただき誠にありがとうございます。
今後とも当サイトライフパートナーをよろしくお願い致します。
TOPに戻る