満足度100%
配送番号検索
医薬品の検索
電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
安心の個人輸入
パキシル
商品コード:2071-8274
パキシル
効果効能 うつ病・パニック障害・睡眠障害・強迫性障害治療
有効成分 パロキセチン20mg
メーカー GSKファーマ
精神病の症状と対策  ・不眠症の症状と対策  
パキシル 20mg
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
20mg × 28錠 ¥178 ¥5,000 ¥160 ¥4,500 135pt 購入する
20mg × 56錠 ¥178 ¥10,000 ¥144 ¥8,100 243pt 購入する
商品詳細
日本で最も有名な抗うつ剤であるパキシルは、SSRIというジャンルの抗うつ剤に分類され、このSSRIとは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」を略したかたちになります。
アミトリプチリンやアナフラニールなど、従来までの三環系というジャンルの抗うつ剤から、効果はほぼそのままに副作用を少なくしたものがSSRIで、精神科の治療ではもっとも多く使用されている抗うつ剤です。
パキシルは、グラクソスミスクライン(GSK)というイギリスに本社を置く製薬会社によって開発、製造され、日本では2000年には抗うつ剤として認可がされ、販売が始まっています。
とにかく切れ味の強い薬で、1日1回の内服で効果がすぐ得られます。
有効成分であるパロキセチンは、不安感や無気力感、焦燥感、強迫性障害やパニック障害などの精神の状態を解消させる効果があります。
ちなみに適応症にパニック障害が認められた薬は日本ではパキシルが初めてです。
うつ病だけではなく過食症や拒食症などの摂食障害や、女性のPMS(月経前症候群)などの治療に用いられることもあります。
「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」であるパキシルは脳内の伝達物質であるセロトニン系と呼ばれる神経のみに作用するのが特徴で、放出されたセロトニンの再取り込みを阻害し、セロトニンの減少を防ぎます。
セロトニンは気分を楽にすると言われていて、パキシルは不安やパニックなどで落ち着きを失った心を穏やかに保ってくれます。
使用方法
症状により用量が異なります。
パニック障害の場合は夕食後、1日1回、30mgの用量になるように水またはぬるま湯で服用して下さい。
強迫性障害の場合は1日1回20mgより服用を始め、1週間ごとに10mgずつ増量します、1日の用量は50mg以上とならないようにします。
うつ病の場合は夕食後、1日1回10mgり服用を始め、1週間ごとに10mgずつ増量します、1日の用量は40mg以上とならないようにします。
効果・効能うつ病・パニック障害・睡眠障害・強迫性障害治療
副作用飲み初めの吐き気が比較的多く報告されていますが、この吐き気は服用を続ければ2週間ほどで収まる場合が多いです。
その他には眠気・錯乱・幻覚・痙攣・だるさ等が報告されています。
持続時間12~24時間
注意点併用禁忌薬としてはパーキンソン病の治療薬であるレギリンや、安定剤であるピモジドがあります。
有効成分パロキセチン20mg
メーカーGSKファーマ
内容量28錠
発送国シンガポール

パキシル購入者の声口コミを投稿

まだ口コミはありません。

口コミを投稿する

商品名

満足度

口コミ

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る