満足度100%
配送番号検索
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
安心の個人輸入
バイアグラジェネリック3箱おまけキャンペーン

ジェネリック医薬品は安価

ジェネリック薬はなんで安い?

何らかの疾患や怪我で治療を行うときはそれぞれの症状に合った薬が処方されることとなります。
そして薬は種類も豊富にあり、比較的低価格で購入できるものもあれば、やや高額なものと幅広くあるものです。
治療費の負担を減らすためにも薬はできるだけ低価格で購入できるほうが助かりますが、医療機関では同じ効果効能が期待できながら高く販売されている薬と、かなり安く販売されている薬があります。
ジェネリック医薬品 薬には新薬と呼ばれる薬とジェネリック医薬品が存在し、ジェネリックは同じ有効成分、同じような効果効能が期待できながらかなり低価格で提供されているのが特徴です。
ジェネリック医薬品についてはテレビCMなどでも紹介されていますので、その存在を広く知られることとなっていますが、具体的にはどんなものなのかよく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まず新薬を開発するときは商品化できるまでかなり年月もかかりますし、膨大な開発費が必要となります。
そして、新薬には特許があり、その特許が切れるまでは他の製薬会社が同じ薬を製造販売することができません。

そしてジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れてから他の製薬会社が製造販売する薬です。
すでに利用する有効成分や製法はわかっていますので、新薬を開発するときのような大金は必要なく、かなり安く製造することができます。
その結果、同じ有効成分を利用し、同じ効果効能が期待できる薬ながら、かなり低価格で提供されるようになっているのです。
医療機関でもジェネリックがある場合は医師からどちらを選ぶか聞かれることもありますし、ジェネリックを希望するなら、そうした薬がすでに販売されているものならジェネリックを出してもらいたいことを伝えれば、そうした薬を処方してもらうことができます。
そして、薬にはすべてジェネリックがあるわけではなく、まだ特許が切れていない薬の場合は国内で処方してもらうことはできません。

ジェネリック医薬品を購入する方法としては、医療機関で処方してもらう方法のほかには、海外医薬品の個人輸入という形があります。
海外では日本ではまだ認可されていないジェネリック的な薬がすでに販売されていることもあり、個人で使用する目的でなら輸入して購入することが可能です。
まだ国内では販売されていない、ED治療薬やAGA治療薬のジェネリックなどもすでに海外では販売されており、より安く薬を利用する目的で個人輸入されている方も多くなっています。
TOPに戻る