満足度100%
配送番号検索
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
安心の個人輸入
バイアグラジェネリック3箱おまけキャンペーン

ジェネリック医薬品を活用

ジェネリック薬を活用するメリット

ジェネリック医薬品のメリット ジェネリック医薬品を使うメリット、それは価格が安いと言うことに限ります。
特に長期に亘って服用する医薬品などは、ジェネリック医薬品にすることで大きく金額に差がでてきます。
その理由とは、ジェネリック医薬品は一般的な医薬品の3割から5割程度の低い価格設定になっているからです。

では何故、ジェネリック医薬品は安価で提供することができるのでしょうか。
病院へ通院されて、先生から処方される薬を医療用薬品と呼んでいます。
市販薬などを販売する薬局などで購入する薬は、一般用医薬品と言われます。
この医療用薬品には、先発医薬品とジェネリック医薬品といわれる後発医薬品があります。
先発医薬品と後発医薬品を比較すると、研究費とか開発費に大きな差が出て来ます。
先発医薬品は、何もないゼロからの出発になり、ひとつの医薬品が作り出されるまで長いものでは、10数年と言う長い年月も要することになります。
そのことから、医薬品の価格も自然に高くなってしまうのです。
それに対してジェネリック医薬品では、薬の成分等もしっかりと判っていることもあり、製品化に対して多くの費用はかかりません。
結果的に安価で販売することが出来ます。

ジェネリック医薬品はこのような事が大きなメリットですが、通院を余儀なくされている患者さんにとっては毎月のお薬代が安くすむのはとても経済的だといえるでしょう。
例えば、生活習慣病から心臓や血管を傷めてしまった人は、障害者の認定を受ける人事が出来ます。
これらの人たちの多くは、普通の仕事に就くことが難しく、収入も制限されてしまうことも少なくありません。
またこのような病気にかかってしまった人は、毎日、多種の薬を服用することになり、薬代がかなりの金額になってしまいます。
ここで先発医薬品を処方される場合と、ジェネリック医薬品で済ます場合とでは、月々の支払いや年間の支払い、そして病院に通い続ける間の薬代と考えると相当な差額が生じることになると考えられます。
家計の負担などを考えると、いかにジェネリック医薬品を効果的に服用するかにかかってくるのではないでしょうか。

製品的にも全く問題がないことから、最近では地方自治体でもジェネリック医薬品の使用を薦めるようになりました。
そこには、ジェネリック医薬品が安全で大丈夫と言う保証があるからでしょう。
高齢化が進み、薬を使う人が増えることがますます多くなると予想される時代ですから、ジェネリック医薬品は、なくてはならない存在になっているのです。

ジェネリック薬が日本で普及が低いのは何故

ジェネリック医薬品の利用率 ジェネリック医薬品は、先発医薬品とほぼ同等の成分と効果が期待できる上、価格は先発医薬品より2割から5割程度安いと言われている医薬品です。
これだけ魅力がある医薬品であれば、当然、日本国内に広く普及しているものだと予想する方が多いのではないでしょうか。
しかし、実際には、日本のジェネリック医薬品の普及はそれほど進んではいないという現状があります。

具体的には、イギリス、ドイツ、アメリカなどの欧米諸国では、利用されている薬の6割以上がジェネリック医薬品に変えてあるのに対して、日本では2割半程度の普及率に止まっているのです。
なぜ、外国では普及しているのに日本ではなかなか普及しないのかという疑問に迫っていきましょう。
日本で普及率が低い理由としては、患者にとっての経済的メリットが外国の場合ほど大きくないことがよく挙げられます。
欧米諸国では健康保険の適用範囲が狭いため、患者の医療費の自己負担額が日本で同じ治療を受ける場合に比べて数倍も高くなることが少なくありません。
そうなると、患者としては支払う費用を減らしたいという思いを強く持ちますから、安価であるジェネリック医薬品の利用を強く希望するようになります。
一方、日本では基本的な病気の治療費に関しては健康保険の適用を受けられるため、患者の自己負担額はかかった医療費の内の1割から3割です。
もともとの負担額がそれほど大きくないので、ジェネリック医薬品に変えた場合に負担が軽減される額もそれほど大きくはなりません。
そうするとお得感が薄いということで、あえてジェネリック医薬品に変える患者が少なくなり、普及率が伸びない原因となっていると言われているのです。

「でも、額は大きくなくとも金銭的負担が軽くなるなら、利用したいと思う患者はもっと多くてもおかしくないのでは?」
という疑問が湧く方もいらっしゃるでしょう。
実は、お得感が外国に比べて少ないということと合わせて、ジェネリック医薬品に対する信頼がまだ十分ではないということも、普及率が伸びない原因の1つとなっているのです。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と一緒の効果が期待できるのか、何か問題が起きたりしないか、と心配する方がまだ少なくないんですね。
また、日本の国民には権威主義的な傾向がありますので、よく知らないメーカーが作ったジェネリック医薬品よりも、大手のメーカーが作った先発医薬品の方が信頼できる、という風に単純に考える方も多いのです。
こういったジェネリック医薬品やそのメーカーに対する不安を如何に取り除いて、ジェネリック医薬品を積極的に利用したいと思ってもらえるように持って行くかが、ジェネリック医薬品の日本での普及率の低さを解消する上での課題と言えるでしょう。

ジェネリック薬はどこで手に入る?

テレビCMなどでもジェネリック医薬品が良く紹介されていますが、これがどんな薬なのかはあまり良く理解していないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
薬には新薬とジェネリック医薬品と呼ばれる薬がありますが、ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れてから、別の製薬会社が製造販売する薬のことを指します。
そして、新薬に比べてジェネリック医薬品はかなり安く利用できるようになっていますが、それはすでに成分や製造方法がわかっているからで、新薬開発のための膨大な費用が必要ないからなのです。
有効成分が同じで、効果効能も同じということが期待でき、しかも低価格ということで、新薬ではなくジェネリックを選ぶ方も増えています。

では、ジェネリック医薬品はどこで手に入れるかとなりますが、方法としては、病院やクリニックで医師に処方してもらいましょう。
医師が処方してくれるものは、あくまで国内でジェネリックが認可されているものだけで、まだ特許が切れていない新薬の場合はジェネリック医薬品はありませんので、当然ですが出してもらうことはできませんのでご注意下さい。
そして、そのほかで購入する方法としては、海外通販があります。
海外では、日本でまだ認可されていない薬や販売されていないジェネリック的な薬もすでに販売され、そういった薬を購入する目的で海外から個人輸入されている方もまた多くいらっしゃるのです。
ED治療薬やAGA治療薬などは、日本ではまだジェネリック商品が販売されていませんが、インドの場合は法律が違うこともあり、同じ成分の薬であっても、製造方法が違えば作って良いことになっています。
ですので、インドの製薬会社からはさまざまなジェネリック医薬品が販売されており、新薬に比べかなり低価格で買うことができます。
薬を安く購入したいという目的で、こうしたサービスを多くの方が利用されています。

ジェネリック医薬品 個人輸入の代行サービスを利用すれば、面倒な手続きが必要なく国内の通販サイトと同じように購入することができます。
海外医薬品の個人輸入は許可されていますが、利用については自己責任となりますので、それぞれの薬の内容をよく知り、理解した上で購入するようにしましょう。
同じ効果なのはもちろん、禁忌や副作用も同じように出る可能性もありますので、そういった部分もしっかり確認しておきたいものです。
そして、業者を選ぶ際にも、信頼性の高い業者を選ぶようにして下さい。
TOPに戻る