満足度100%
配送番号検索
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
安心の個人輸入
バイアグラジェネリック3箱おまけキャンペーン

EDの症状と対策

ED(勃起不全)の概要

EDとは、かつてインポテンツと呼ばれていた、勃起機能が低下する症状を意味する病気です。
英語では「Erectile Dysfunction」と呼ばれ、その頭文字を取って「ED」と言われています。

専門的な用語を使うと「性行為をするにあたり、十分な勃起をすることが出来ない為、満足な性行為をすることが困難な状態」であるとされていますが、単語で言うと勃起不全となります。

すなわち、勃起をすることができないという状況は当然のこととして、陰茎の硬さを一定に保てない、勃起の状態を保つことができないなどといった、満足な性交に至るまでの道のりが閉ざされている状態は、いずれもED(勃起不全)ということになります。

EDにもいろいろな状態がありますが、「まれに勃起しないことがある」「勃起できるかどうか不安に感じてしまう」といった、本人が勃起に関しての自信や充実度が少なくなっているという場合も、治療対象であるといえます。

こうして、勃起に至るまでの思い=メンタル、として考えると、勃起不全を考えるには色々にこまやかな症状が存在します。

・性欲はあり興奮もするのだが勃起には至らない
・挿入しても途中でペニスの硬さがなくなり抜けてしまう(中折れ)
・勃起をしても十分な硬さに感じられない
・いつも勃起しないというわけではない(パートナーに原因があるのかを考えてしまう)」

このように色々な症状があります。

1998年に勃起不全に関する調査が行われましたが、それによると、中等度EDと重度EDの合計人数は約1130万人という数字が出ました。

※中等度ED「たまに勃起し、性交中は勃起を保つことができる」状態
※重度ED「まったく勃起が出来なく、性行為が出来ない」状態

この比率で言うと、日本人男性では40代の方で5人に1人が、そして50代では2.5人に1人が、60代の方になると1.7人に1人が中等度以上のEDということになりますので、今やEDは身近な病気として向き合う必要があるでしょう。

この症状はED?

スバッと解決!ライフ博士のED Q&A

性欲はあるのに勃起しません
気持ちと体が追いつかない、というのは勃起不全の大きな原因のひとつです。
興奮するシチュエーションなどに際しても勃起することが出来ない、というのは、勃起をするに十分な量の血液が陰茎へ溜まっていないためです。
陰茎部への血流を促す必要がありますので、ED治療薬を使って血流を改善させ、勃起の手助けをするのが肝要と言えるでしょう。
もしくは、1人の時は勃起が出来る、マスターベーションでは勃起が出来るのに性行為自体が出来ない、というケースも考えられます。
1人の時はリラックスが出来て勃起に至る、というのは、心因性のEDであるとも考えられます。
いずれにしてもこれは勃起障害の症状ですので、適切な処置を行うことが重要なのですが、「性欲自体がない」というケースよりははるかに勃起する能力を取り戻しやすい症状でもありますので、悲観的にならずに対処してもらえればと思います。

バイアグラ ◆勃起不全を改善する医薬品といえば ⇒
信頼と実績の元祖ED治療薬:
バイアグラ

勃起まで時間がかかります
勃起にまで時間を要するという勃起障害の症状は、精神的重圧をはじめとした、心を原因とするものが多くなっています。
毎日が仕事で忙しい、家族の関係で重圧がかかる事がある、といったものや、単純に歳を取ってしまったことによって「勃起力=陰茎への血流の流れ」が弱まっているという可能性もあります。
ご自分の体形をふりかえってみましょう。
食べ過ぎなどで体重が平均よりもオーバーになり、脂肪がつきすぎている状況ですと血流は弱まります。
喫煙歴が長い人ならば、やはり血管が詰まり、血流が弱まる方も出てきて勃起にまで時間を要する症状もあらわれます。
しかし、考えすぎることがEDにとっては一番よくない行為です。
まずは自分の朝勃ちの経過を確認してみましょう。
1週間ほど様子をみて、毎朝勃起が確認できる場合は特に問題は起きていませんが、何日か朝立ちの様子が見られなかった場合は、やはりストレスから生じるEDと捉えて、改善を図る必要があるでしょう。

レビトラ ◆勃起までの時間を短縮させたい方には ⇒
飲んだらすぐ効くED治療薬:
レビトラ

勃起はしますが中折れします
勃起不全の患者の中でも最も多い症状が「中折れ」です。
性行為の最中にペニスが硬さを失ってしまう。パートナーの反応を考えると焦りどころではない感情が渦巻いてしまう。
そして。「今回だけだった」「たまたま調子がよくなかっただけだ」という気持ちでずるずると自分が勃起不全であることを認められないまま症状を悪化させてゆくという状態になってしまいます。
勃起不全には、こうした心理的な原因による「心因性勃起不全」という症状があります。
ストレスのみならず、仕事の忙しさによる睡眠不足や過労、そしてパートナーとの気持ちの行き違いといった要因があり、自分がどの状態にあるかを見極める必要があります。
性行為の失敗は男性自身の誇りを傷つけるものです。
勃起不全である。という事実を認めたくない気持ちはわかりますが、やはりしっかりと向き合わなければなりません。
中折れは性行為の途中で起こってしまうことだけに、特に精神的なストレスの多い症状であります。

シアリス ◆最後まで自然な勃起状態を保つには ⇒
長時間の効き目が秀逸なED治療薬:
シアリス

朝勃ちしません
男性の生理現象としての代表格である朝立ち。それがまったくなくなるというのはショックなものかと思います。
睡眠中の勃起は、男性の就寝中に何度も行われていることです。
「夜間陰茎勃起現象」という名称がついており、定期的に陰茎の海綿体に血液を送ることで、正常な勃起力を保つ、いわば定期メンテナンスのような意味合いを持ちます。
しかし、この夜間陰茎勃起現象は、睡眠時間の中での2~4割程度にしか起こらないのです。
なので、目覚めた時に勃起が確認できる朝立ちは、平均的には3~5日に1度という割合で自己確認出来る。ということでもあります。
人間の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がある事は知られておりますが、勃起が起きるのは浅い眠りのレム睡眠の時です。
睡眠中に勃起をしていても、自分の眠りが深ければ「朝勃ち」ならぬ「眠り勃ち」をしている可能性は十分あるわけです。
なおも心配な方は「エレクチオメーター」という夜間陰茎勃起現象の判定用具もあるため、そちらを試してみるのも方法のひとつです。

カマグラ・カマグラゴールド ◆EDかな?と思ったら ⇒
お手軽バイアグラジェネリック:
カマグラ・カマグラゴールド

妻には勃起しません
長年連れ添った配偶者に対して勃起能力が減退してしまう。
「妻だけED」という言葉も作られるほど間近に、そして深刻な症状がこちらです。
みずからの配偶者を性的に見ることが難しくなっている男性が負う症状です。
子供と遊んでいる妻を見て母親としての存在を意識してしまい、性的対象として見ることができない男性も増えているもの。
それはセックスレスへと繋がり、セックスレスから離婚を考える妻という話も今は珍しい事例ではありません。
妻を母として見てしまう。「愛が家族愛へと変化した」という言葉で自分を説き伏せようとするよりも、もっとも身近にいる女性の輝いて見える部分を今1度探すために、スキンシップやふたりでの旅行、記念日に雰囲気を作った照明で部屋を照らして食事を共にするなど、ふたりの間柄をマンネリにしないように努力するのが大切です。

バリフ ◆セックスレスを回避して家庭円満を望むなら ⇒
激安レビトラジェネリック:
バリフ

如何でしたか?
今回いただいたご相談は、すべてEDの症状です。
気になりだしたときがED改善における最善のタイミングです。
EDというのは非常にデリケートな問題ではありますが、諦めないことが大切です。

勃起不全の原因

EDの原因は"血液の流入量が不足する"ことになっています。
これを招いてしまうのは、下記の4タイプとなっています。

・身体
器質性ED

・心
心因性ED

・身体と心の両方
混合性ED

・薬の副作用
薬剤性ED

それでは、タイプ別に見てみましょう。

器質性EDとは

身体が原因となる勃起不全の代表的なものを挙げると、下記が主な原因となっています。

・動脈硬化
・成人病(生活習慣病)
・泌尿器への疾患
・男性ホルモン
・喫煙や飲酒

EDになる年代で最も多いのが40代だと言われています。
というのも「血管の老化」によって動脈硬化を起こしてしまい、血液の流入量が低下するのでEDを招くと言われています。

また、成人病では糖尿病→動脈硬化へとなることで同じ様に発症すると考えられています。

泌尿器への疾患だけだと分かり難いかも知れません。
言い換えれば血管や神経に支障が出ることによって機能が正常に働かなくなることを指しています。

男性ホルモンでは、"テストステロン"が大きく関係しています。
この物質が減少していくことで、EDや成人病を招くという結果も出ており、ホルモン分泌が大きく関係していると考えられています。
これを「LOH症候群」と呼ぶこともあり、身体へ様々な悪影響が出るとされています。

最後の「喫煙」ですが、EDの患者さんの約80%が喫煙者と言われています。
タバコの中に"ニコチン"が含まれていることはご存知だと思います。
この成分は「血管を収縮させる」強い作用をもっています。
血液の通り道が狭くなってしまうと、多くの血液がペニスに流れ込むことは期待出来ません。
タバコを吸うことは、EDに大きく影響していると言えます。
なのでドラマのワンシーンじゃないですが「SEX後にタバコをふかす」などは、ペニスを萎ませてしまう原因になります。

身体に起こる色々なことがきっかけになるので、日常生活での健康管理をしっかりと行わないと、EDになる日もそう遠くはないということになってしまうかも知れません。
事故などに遭ってしまい神経や血管を損傷してしまい、正常な機能が期待出来なくなることも器質性EDに含まれています。

心因性EDとは

心(精神的な問題)が原因となり勃起不全になってしまうこともあります。

勃起は"自律神経"が活発に働くことで起こる生理現象となっています。
自律神経には、下記の2種類があり"副交換神経"が活発な活動を起こすことで勃起します。

・交感神経
・副交換神経

少し難しい話だと思うので、単純に神経の活動が大きく関係していると考えていただいて構いません。
心に問題があると、この神経に影響を与えてしまい勃起状態が正常に行えなくなってしまいます。

心が影響することは、若者に目立って多い原因とされており、現代を象徴する"高ストレス社会"が影響していることも考えられています。
ストレスと一言で言っても人によって感じ方は色々です。
ここで全てを挙げることは不可能なので、いくつかに絞ってみました。

1.子づくりへの重圧
2.仕事などでのプレッシャー
3.様々な不安
4.幼少期の心の傷になるような体験
5.性的なトラウマ
6.コンプレックス

気付いた人もいると思いますが、現実に受けているストレス過去に受けたストレスに分けることが出来ます。
1~3までが「現実心因」
4~6までが「深層心因」
となっていて、日々感じていることであれば自覚することも容易ですが、過去のことになると無意識の中で勃起に影響している事もあります。

他にも心因性EDには「バーチャルED」なんて呼ばれるものもあります。
これも若者に多いと言える現代らしいEDの1つかも知れません。
専門的に言えば「テクノ症候群」と呼ばれるもので、パソコンや携帯に没頭してしまうあまりに以下の悪循環が発生します。

・パソコンがないと不安
・パソコンへの依存
・人との付き合いが煩わしくなってしまう

自律神経が乱れることで、こういった症状が見られるようになり、ある種の「中毒」になってしまいます。
こうなってしまうとマスターベーションの"オカズ"になるものも、二次元的なものが増えるようになり、現実世界の女性に興奮が出来なくなるなんてことも起こり得ます。

また、上にライフ博士が解説したように「妻だけED」という恐ろしいものもあり「奥さんには勃起することは出来ないけど、他の人となら…」といった状態になることもあります。
一見、冗談のようにも思えそうですが、これをきっかけに離婚問題へと発展するケースは少なくないと言われています。

混合性EDとは

これは言うまでもなく、身体と心が同時に原因となってしまっているケースです。

器質性EDと心因性EDも上記のとおり、複雑な因果関係があります。
それらが更に混合されたミクスチャータイプとなりますので、恐らくですが、このEDが最も原因を特定するのが難しいEDになります。

身体に起こっている問題を見つけると同時に、心の問題も見つけなければならないので長期間の治療が必要となることも十分に有り得ます。
ご自身に思い当たる節があればまずはその原因の究明と対策に努めなければなりません。

焦らずに原因を特定し、ひとつひとつ対処していくことが肝要です。

薬剤性EDとは

この勃起不全の原因は、何かの病気で常用している薬の副作用によって、招いてしまうと言われています。

日本ではEDの患者さんの6%と非常に少ないことも特徴ですが、アメリカではED患者全体の25%と高い割合で薬剤性EDとなっています。

処方された薬を服用する前には、必ず医師から副作用の影響の説明を受けましょう。
そうしないと後になってから「この薬のせいだ」なんて事が起こるかもしれません。

EDを招く薬としては、病院処方薬以外にも身近なもので市販の「風邪薬」があります。
風邪薬は中枢神経系の薬となるので、頼りがちになるとEDになることもあるのです。

風邪をひいて、一時的に性的な欲求が湧かないことがありますよね?
身体が弱っていることもありますが、風邪薬の影響でもあるので忘れてはいけません。

また、下記のような中枢神経系に効く精神病の薬には、副作用によってEDを招くと言われています。

・うつ剤
・抗不安剤
・向精神薬(睡眠薬も含む)
・抗けいれん薬

またAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛を治療する薬のプロペシアの副作用の中にも「ED」や「性欲の減退」が含まれています。
男性にとっては上(髪)をとるか下(勃起)をとるか究極の選択となるかも知れませんね。

また薬剤性EDは、オーガズムに達しないなどの「射精障害」を招くこともあるので要注意です。

ED治療薬とは

ED治療薬の概要

性行為をスムーズにさせ、勃起不全から男性の自信を回復させる手助けをするのがED治療薬です。

勃起不全になるのは、メカニズムとして、陰茎の海綿体へと流れ込む血流が悪くなっているというところに尽きます。

元々は狭心症の患者へ動脈を拡張させる薬を開発するという目的でED治療薬は産まれました。
この血管拡張薬には副作用として勃起機能の改善が見られたのです。

血管を拡張させることで、陰茎への血流もまた増大する。
こうしたメカニズムでED治療薬はまたたくまに人気を集め、発売数か月後には処方申請数が100万件を超えるという速さで浸透していったのです。

ED治療薬のメリットは、なんといってもその有効性です。

ED治療薬を服用することで正常な勃起を促進し、その成功体験が男性の自信回復に繋がります。

重要なのは、飲めば勃起する薬、と勘違いしないようにすることです。
性的興奮により陰茎部に血液が流れる。その働きを活発にする薬ですので、性的な刺激、興奮が必要です。

また、薬を飲んで、性行為が可能になるという状態になることからが真のスタートです。
いずれ薬を服用しなくても十分な勃起が出来るように、勃起を妨げるストレスをはじめとする心的要因を探ってゆくことも肝要です。

現在入手可能なED治療薬としては下記の4種類が存在します。 それぞれの特徴をご確認いただき、ご自身に合ったED薬を見つけてください。
・バイアグラ成分
シルデナフィル

・レビトラ成分
バルデナフィル

・シアリス成分
タダラフィル

・ステンドラ成分
アバナフィル

ED治療薬の比較
TOPに戻る