重要なお知らせ

「Piramal Healthcare」による検索結果

  • アイピル(アフターピル)
    アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)のノルレボのジェネリック医薬品です。 アイピルの成分は「レボノルゲストレル」で、第2世代の黄体ホルモン剤になります。 この成分は先発薬「ノルレボ錠」と変わらず、用量も同じ1.5mgとなっています。 ・コンドームが外れる ・破損していた ・同意のないSEXを強いられた(性犯罪など) 上記のような事が起こってしまった場合に服用することで、性交渉後24時間以内の服用で95%、72時間以内の服用で75%の妊娠を回避することが出来ます。 セックスの際、避妊に失敗した場合、決められた時間内にアイピルを服用して頂くと、卵子の受精や受精卵の着床を防止する効果があります。 モーニングアフターピルの避妊効果は非常に強力なのです。 先発薬のノルレボ錠を処方してもらうには、お近くの「婦人科」あるいは「産婦人科」に行く必要があります。 ですが、保険証の提示の必要はありません。 これが意味するのは、通常の3割の医療費負担ではなく、全額を自費で負担しなければならないということです。 となると、やはり気になるのが薬の処方費用です。 これは病院によっても大きく異なりますが、大体5,000~20,000円の費用が掛かると言われています。 しかも1錠の費用となり、中絶と比べれば確かに安いですが、高いことには変わりがありません。 そこで、今回は低価格で購入出来る「アイピル」の紹介に踏み切りました。 「もしもの時」に備えて1錠あるだけでもお守り変わりにもなり、これを常備しておくだけで、SEXの時に不安を感じる事は少なくなるはずです。 アイピルはノルレボのジェネリック医薬品ですので、お求めやすい価格でモーニングアフターピル(緊急避妊薬)をご利用頂けます。 ※SET販売の妊娠検査薬は、尿のみで手軽に検査が出来て1分前後で結果が出ます。結果の判定も正確で99%以上と報告を受けている商品になります。
TOPに戻る